タカハシ

ABOUT

What is Takahashi?

ただの中年オヤジと化した今でも、「バンドマンはモテる」という幻想を抱き続けているみそ汁&濱マモルの思い付きで結成されたロックバンド。ノリの軽さゆえに部活感覚でメンバーに加入したかおりっきぃ☆、諸ゲン、モザイクZの三名だが、『巨乳まんだら王国』のラオ少佐をドラムとして招聘するなど、本格化していくその様に戸惑いを隠せない。

さらに、音楽の世界に従事しているキングやイイジマンも加入し、バンマスのみそ汁でさえも方向性が定まらぬまま見切り発車となった。それが、無責任系ロックバンド『タカハシ』である。

HISTORY

2009 . Date unknown

自分たちの音楽のルーツである男闘呼組のコピーバンドを作ろうと、濱マモルとみそ汁がバンドを結成。

2010 . Date unknown

バンド名を共通の友人である「タカハシ」に決定。モザイクZが加入する。

当初の予定では、濱マモルがドラム、みそ汁がベース、モザイクZがギターの三人構成だった。

なお、三人で男闘呼組のコピーはできない。

2011 . Date unknown

タカハシを結成したもののバンド活動はせず、熟女パブでのカラオケで満足する。

2012 . November

ドラムとしてラオ少佐が加入。なんとなくバンドっぽい雰囲気になる。

2013 . February

飲み会の席で一緒だったかおりっきぃ☆をメインボーカルに据える。同時にビジュアル面補強のため諸ゲンを招集。

2013 . April

初スタジオで「今すぐkiss me」「人にやさしく」「すてきな夜空」「YOKOZUNA」を演奏。

とてつもなく下手だったため、今後はごまかしの効くオリジナルメインでやっていこうと決意する。

2013 . May

キーボードとしてキングが加入するも、キングが 「ベースやりたい!」とワガママを言ったため濱マモルのパートがキーボード(など)に。同時に音楽的な柱としてイイジマンが加入する。よりバンドっぽくな るも、8人編成という大所帯にノーストックの射駒タケシさんから「モダンチョキチョキズか!」というツッコミをもらう。

メンバー全員の初顔合わせが、スタジオではなく濱マ モル宅でのバーベキューというバンドマンとは思えないシチュエーションで行われる。ただし、イイジマンは私用のため途中帰宅。遅れてきたモザイクZと諸ゲ ンは挨拶すらできていないため、正式には初顔合わせにもなっていない。

2013 . June

オリジナル曲が一つもない状態でライブを決定。タカハロックフェスティバルという名のライブイベントを開催することにしたため逃げ場がなくなる。

2013 . September

第一回タカハロックフェスティバルを開催。そこそこの好評を得るが、このライブを機に諸ゲンが脱退する。理由はメンバーも把握していないため不明。正式アナウンスを行えないため、タカハシの中では最初からいなかったことになっている。

2014 . April

第 二回タカハロックフェスティバルを開催。ライブ数日前にラオ少佐が右足首靱帯断裂の大怪我をしてしまい、急遽濱マモルがドラム務めることになった。…… が、ライブで濱マモルが泥酔。

演奏らしい演奏ができず、こんなもんでお金を取るなんてバカにしているなどの至極当然のお叱りを受け、以降はライブでの飲酒 が禁止となる。

2014 . May

レバーオンナイトプレミアムに出演。またしても濱さんが泥酔という状態でライブを迎えるが、お客様の温情によりギリギリのラインで乗り切る。以降は本当にライブでの飲酒が禁止になり、飲酒した場合はメンバー全員が飲酒した人を置いて帰るという鉄の掟を設ける。

同時に初のミニアルバムとなる「ハンドルを左に戻してください」を発表。ライブでまともに曲を聞けていないお客様から、割と普通にバンドなんですねと言われ、今後も割と普通のバンドとして良い意味で肩のリキ抜いて頑張っていこうと誓い合う。

2014 . October

ミニアルバム「ハンドルを左に戻してください」などでサポートメンバーを務めていた松本バッチが正規式加入。本人は「歌うの大好きなんですよね!」とやる気をみせていたが、ダンスと喋り担当のためタカハシで歌う機会はない。打ち上げのカラオケで頑張れ!

2014 . November

第三回タカハロックフェスティバルを開催。ライブ前にお酒を飲まないという至極当然の約束事を守ったおかげでそこそこも演奏をするものの、メインボーカルのかおりっきぃ☆が体調不良のため裏方に回る。

2015 . March

メインボーカルのかおりっきぃ☆が諸事情によりコーラスや物販担当に。第三回タカロックフェスティバルでボーカルを務めたみのりん(河原みのり)がメインボーカルになる。そろそろメンバーを固定したい。