タカハシ

ABOUT

What is Takahashi?

ただの中年オヤジと化した今でも、「バンドマンはモテる」という幻想を抱き続けているみそ汁&濱マモルの思い付きで結成されたコミックバンド。新たな時代を作る、新たな道を切り開くのがミュージシャンだが、タカハシは時代に媚びる、完成された道を安全に歩くをコンセプトにしているため、攻めない範囲の活動を基本スタイルとしている。なお、キャッチーなメロディとクソみたいな歌詞の融合が最大の特徴ではあるが、とりわけ音楽に方向性があるわけではなく、何系のバンドなのかはメンバー自身も分かっていない。

HISTORY

2009 . Date unknown

自分たちの音楽のルーツである男闘呼組のコピーバンドを作ろうと、濱マモルとみそ汁がバンドを結成。

2010 . Date unknown

バンド名を共通の友人である「タカハシ」に決定。モザイクZが加入する。

当初の予定では、濱マモルがドラム、みそ汁がベース、モザイクZがギターの三人構成だった。

なお、三人で男闘呼組のコピーはできない。

2011 . Date unknown

タカハシを結成したもののバンド活動はせず、熟女パブでのカラオケで満足する。

2012 . November

ドラムとしてラオ少佐が加入。なんとなくバンドっぽい雰囲気になるが、これにより濱マモルがベース、みそ汁がギター&ボーカルにパート変更する。なお、パート変更しているものの、スタジオに入ったことは一度もない。

2013 . February

飲み会の席で一緒だったかおりっきぃ☆をメインボーカルに据える。これにより、みそ汁のパートがギターオンリーとなる。なお、パート変更しているものの、スタジオに入ったことは一度もない。

2013 . April

初スタジオで「今すぐkiss me」「人にやさしく」「すてきな夜空」「YOKOZUNA」を演奏。

とてつもなく下手だったため、今後はごまかしの効くオリジナルメインでやっていこうと決意する。

2013 . May

音楽的な柱としてイイジマンが加入。イイジマンがギター担当となったことで、みそ汁のパートはなくなった。また、メンバー全員の初顔合わせが、スタジオではなく濱マモル宅でのバーベキューというバンドマンとは思えないシチュエーションで行われる。ただし、イイジマンは私用のため途中帰宅。遅れてきたモザイクZは挨拶すらできていないため、正式には初顔合わせにもなっていない。

2013 . June

オリジナル曲が一つもない状態でライブを決定。タカハロックフェスティバルという名のライブイベントを開催することにしたため逃げ場がなくなる。

2013 . September

第一回タカハロックフェスティバルを開催。イベントが決まってから曲作りを始めるという無謀な挑戦、スケジュールでのライブだったが、本職レベルの腕前を持つラオ少佐の活躍により、高校の文化祭レベルの演奏を披露することに成功する。

2014 . April

第二回タカハロックフェスティバルを開催。ライブ数日前にラオ少佐が右足首靱帯断裂の大怪我をしてしまい、急遽濱マモルがドラム務めることになった。…… が、ライブで濱マモルが泥酔。

演奏らしい演奏ができず、こんなもんでお金を取るなんてバカにしているなどの至極当然のお叱りを受け、以降はライブでの飲酒が禁止となる。

2014 . May

レバーオンナイトプレミアムに出演。またしても濱マモルが泥酔……という状態でライブを迎えるが、お客様の温情によりギリギリのラインで乗り切る。以降は本当にライブでの深酒(テンションアップのための軽い飲酒ならOK)が禁止になり、飲み過ぎた場合はメンバー全員がその人を置いて帰るというユルユルの掟を設ける。

同時に初のミニアルバムとなる「ハンドルを左に戻してください」を発表。ライブでまともに曲を聞けていないお客様から、割と普通にバンドなんですねと言われ、今後も割と普通のバンドとして良い意味で肩のリキ抜いて頑張っていこうと誓い合う。

2014 . October

ミニアルバム「ハンドルを左に戻してください」などでサポートメンバーを務めていた松本バッチが正式加入。本人は「歌うの大好きなんですよね!」とやる気をみせていたが、ダンスと喋り担当のためタカハシで歌う機会はない。

2014 . November

第三回タカハロックフェスティバルを開催。体調不良のかおりっきぃ☆に代わり、急遽、みのりん(河原みのり)がメインボーカルを務める。準備期間はほとんどなかったが、ライブ前にお酒を飲まないという至極当然の約束事を守ったおかげか、はたまたみのりんの頑張りのおかげか、そこそこの演奏を披露することに成功する。

2015 . March

メインボーカルのかおりっきぃ☆が顧問という名の裏方に回り、第三回タカロックフェスティバルでボーカルを務めたみのりんがメインボーカルになる。

2015 . November

第四回タカロックフェスティバル~巨根&巨乳祭り~を開催。イベントコンセプトに合わせ、みのりんにオッパイを強調する衣装を着てもらったところ、そのあまりの迫力に男性メンバー全員が凍り付く。また、そこそこ動員を得たことで人気があると勘違いし、フルアルバムの制作を決定する。

2016 . September

タカハシ初のフルアルバム「ジャンバリフィーバー」をリリース。コントパートを4トラック入れることで、全15トラックというボリューム感を出すことに成功する。また、初アルバム発表を記念して、翌年のライブツアー(北海道・名古屋・大阪・東京)を決定。後戻りできない雰囲気になる。


2016 . November

第五回タカハロックフェスティバル~酒と女はにごうまで~を開催。ライブ終盤にはかおりっきぃ☆も出演し、アルバムのボーナストラックである「東京酔いどれ地獄(レズver)」を披露した。


2017 . June

ツアー皮切りとなる札幌ライブ。初の遠征ライブだったが、とりわけアウェイ感はなく、お客様の優しさにより、そこそこの成功を収める。


2017. September

大阪・名古屋でライブ。さすがにアウェイ感を感じるものと思われたが、大阪は井上由美子率いる鋼鉄潤滑油(メタルローション)との対バン、名古屋は射駒タケシ率いるNo stockとのツーマンだったため、居心地はいつも通り。お客様の優しさもあり、アウェイっぽさまるで感じることなく、いつも通りのパフォーマンスを披露する。


2017 . November

原宿アストロホールで(第六回)タカハロックフェスティバル~ジャンバリフィーバーツアー2017ファイナル~を開催。パチンコ&パチスロに特化したイベントにすべく、射駒タケシ率いる「No stock」やゼットン大木率いる「THE もののふ」、大ベテランかつ新人という正体不明のパンクバンド「THE MAD PACHI-SLOT MARKET'S」を対バンに迎えてアツいライブを行った。また、パチスロ必勝本の嵐をMCに迎えてのトークコーナーも開催。交友関係をフル活用することで、かつてないキャパシティでのライブを乗り切った。なお、このライブにてバッチくんが脱退。もう僕の中にタカハシはいないという理由での脱退だったが、言うまでもなく、誰一人として自分の中にタカハシを持っているメンバーはいない。


2018 . July

二回目となる札幌ライブ。ライブ中にやることのないみそ汁がオイオイ叫んでいるせいと思われるが、憧れのパイセンである高木フトシさんに「Oiパンクだね」と言われる。そんなわけで、タカハシはOiパンクのバンドです。異論は認めない。


2018. November

第七回タカハロックフェスティバル~ほぼワンマン~を開催。ほぼワンマンという名目ながら、オープニングアクトとしてヴァジリアントマトが出演したほか、中盤にはカラオケ大会と称してゼットン大木さん・チャーミー中元さん・井上由美子さんが華麗なショーを披露。タカハシの演奏時間は全体の半分程度と、まるでワンマンではなかった。なお、尺を稼ぐべく、タカハシは普段演奏しない「かもめ」などの盛り上がらない曲も披露。ライブ自体はそこそこの成功を収めたが、そのあまりの大変さに、二度とワンマンしたいなんて言わないよ絶対と固く心に誓う。


2019 . June & August

≪THE DEAD CREEP PRESENTS≫Restart of the Explosion!に出演。パチンコ&パチスロとはまったく関係のないライブイベントだったこともあり、初のアウェイ感を経験する。タカハシにしては、かなり攻めた活動だったと言えよう。
8月にはカラオケDAMにて「ハンドルを左に戻してください」の配信がスタート。みそ汁のセリフ部分が(愚痴)と表記されたことで、カラオケで歌いにくい感じに仕上がっていた。


2019 . November

八回目となるタカハロックフィスティバルはパチロックとの共同開催。タカハシと一緒にカラオケ配信デビューしたTHEもののふ、漫画家の猿山長七郎率いるElectric Massage、初の共演となるギチなど、素晴らしいメンツでライブを行った。なお、このライブでタカハシ初のチケットソールドアウトを経験。タカハシの少なすぎる活動内容を考えるに、おそらくは対バンの皆様のおかげと思われる。


2020 . January

二作目となるフルアルバムの制作を発表するも、新型ウィルスの影響により先行きが見えない状態に突入。2022年になり、ようやくアルバム制作をスタートする。もちろん、発表時期は不明だ!